本が好きな方ならば、誰でも一度は憧れる「書販売員(社会的な地位や評価としては低いことが多く、労働時間や業務の過酷さの割に賃金が安いことも多いでしょう)」といった仕事。書販売員(小売店などで商品を売るための従業員です)になるには、どうすれねいいのでしょうか?書お店の方さんになりますからの手取り早い方法がアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)として書店で働くということになります。書店の規模は大きい所から小さい所まであるのですが、書店をみてみると求人情報の貼り紙を行っている書店や求人ウェブサイトに情報を掲載している書店もあるはずです。アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)として何年も経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)を積んだ上で、正社員に登用するといった書店がほとんどのようです。大体書店のアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)時給相場は大型店舗(良くも悪くも店主の個性が出るものです)であれば800〜900円、個人経営など規模が小さ目の書店であれば700〜800円台と割と他のアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)と比べると低めに時給が設定されているのです。では、書店でアルバイトする場合には、本の知識は豊富に持っていた方がいいのでしょうか。書店のバイトは仕事内容としては、誰にでも出来るような簡単な業務です。でも、やっぱり、お客さんに「こんな本を探しているのだけれど」等と聞かれた時に、さっとその本を取り出せた方がいいのかもしれないですねね。そのためにも、店内全体のレイアウトを覚えることは必須のようです。それに、大型店舗(商店街などが廃れていく一方で、巨大な総合商業施設などが建設されることも多いですね)になったのであれね毎日新作の書籍が搬入されてくるので、新作を棚に並べたり、返本する書籍を整理したりするなど、結構体力を消耗するアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)でもあります。書お店の人さんの仕事としてもう1つ、これはその方のセンスを問われるとなるはずですが、その作品をお客様の手にとって頂けるようにPOPを作成するのも重要な仕事の一つです。書店に行けね手書きで作ったPOPをよく見かけるでしょうが、あれは全部、書お店の方さんの手作りです。書店でのアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)を極めたら、「本のプロフェッショナル」になれるなのですねー